渡邉 雅代 自己紹介へ

【心ほっこりレシピ「牛肉のフォレスティエール」】

2023/12/10(日) 日々のこと

前回5月に記事アップしてから、ずっとご無沙汰してしまった「心ほっこりレシピ」。今夏、あまりの暑さに料理がおろそかになり、、、気づけば、最終月になっておりました!! その間に「心ほっこり」は第200号を迎えており、その記念特大号掲載のレシピが ”フライパン1つで作れるおしゃれなフランス料理「牛肉のフォレスティエール」” でした。

牛肉のフォレスティエール レシピ

でも、「フォレスティエール」って一体何のことでしょう??

調べてみると、フランス語で「森の~」とか「木こり風」といった意味のようで、森の幸であるキノコなどを使っている料理のことのようです。確かに<材料>には、マッシュルーム、たもぎ茸、えのき茸と書かれています。

・・・たもぎ茸??? このキノコは初見です。『たもぎ茸は「だしの王様」とよばれるほど旨味が豊富です』との説明書き。またまたネット検索してみると、天然物は「幻のキノコ」とも言われるほど流通量が少なく、人工栽培物でも出回っているのは、ほぼ北海道内のみのようです。

他のキノコでも代用して構わないとなっていたので、今回は「えのき茸、舞茸、ぶなしめじ、ブナピー」を用意しました。さあ、調理開始です!

 

牛肉のフォレスティエール 材料

牛肉のフォレスティエール牛肉のフォレスティエール

生クリームを入れたら必ず弱火にして軽く煮込み、お好みで黒コショウを振って、出来上がりです♪

 

牛肉のフォレスティエール牛肉のフォレスティエールをパスタに

今回、牛肉は薄切り肉を使用しましたが、メインディッシュとするなら、厚みのあるお肉の方が存在感がありますね(レシピには、ヒレ肉が柔らかくて美味しいと補足説明がありました)。ふと思いついて、残った分はパスタソースとして利用してみました。これが大正解!薄切り肉がパスタに絡んでとても美味しかったです。

フライパンへ次々に材料を入れていくだけなので、本当に手軽に作れます。これからの季節、手早く作るパーティメニューとしても良いのではないでしょうか? それにしても”たもぎ茸”…一度食べてみたいものです。

管理部 渡辺

1ページ (全38ページ中)