石川 定 自己紹介へ

【富士弁講座 -第30回-『せちがる』】

2022/12/23(金) 日々のこと

今日は『富士弁講座』の第30回をお送りします。(心ほっこり平成2912月号より)

 富士弁講座 せちがる

はろ〜えぶりばでぃ。いよいよ2017年最後の月となりました。毎年12月は、やらならければならない事だらけで、本当に慌ただしい月です。後3週間ちょっとです。気合い入れて頑張って「今年はいい年だったなぁ〜」と思えるようにしたいものですね。

さて今年最後の富士弁は、せちがる』です。

これは、「欲しがる」とか「ねだる」・「せがむ」といった意味です。

使い方としましては、「この猫は、さっき食べたばっかりなのにもう"せちがってるよ"!」とか、「あんたは小さい頃、おもちゃ屋の前を通ると“せちがって"困っただよ〜」といった感じですね。もうすぐクリスマスがやってきます。奥様!今から色々欲しい物をリストアップしておいて、ご主人にクリスマスプレゼントを"せちがって"みてはいかがでしょう?()

さて、今年も「富士弁講座」にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。まだまだ富士弁!ありますので、続けるつもりでおります。

では又来年、富士弁講座でお会いしましょう。しぃ〜ゆ〜ねっくすといや〜♪


小川編集長から一言

せちがる・・・「世知辛い世の中」等の、"せちがらい"とはまったく意味は違うんですよね?この富士弁も、私はあまり使わないですねえ。でもよく仕事していて「この書類が早く欲しいんですけど」等と言うと、「まったく"せちがり〜"だなあ!!」とか言われた事はあります() 今年も1年楽しくお勉強させていただきました「富士弁講座」。来年も石川先生♪どうぞよろしくお願い致します。

 ◆心ほっこりとは→

◆富士弁講座 心ほっこり掲載版はこちら

1ページ (全39ページ中)