石川 定 自己紹介へ

【富士弁講座 -第29回-『いかい』】

2022/11/16(水) 日々のこと

今日は『富士弁講座』の第29回をお送りします。(心ほっこり平成2911月号より)

 富士弁講座 いかい

はろ〜えぶりばでぃ。10月は、秋雨前線やら台風の通過やらで、本当に雨の多いひと月でしした。"秋晴れ"という響きが恋しい(T_T)。さて『最近の富士弁講座は、知らない言葉が多い!』と、富士在住30年以上の方から言われてしまいまして

で、今回は基本編という事で、『いかい』です。

この意味は「大きい」ですが、あまり『いかい』という使い方はせず、『いきゃ〜』と言います。そもそも、「いかい」というきれい系な使い方をする人は、「大きい」と普通に標準語を使えばいいわけです!「いきゃ〜」も、その大きさの度合いにより、「いきゃ〜」「いっきゃ〜」「い〜っきゃ〜」と変化していくのが大きなポイントであり、富士弁を使う醍醐味でもあります。ぜひ大きさに合わせて使い分けていただき富士弁をおおいに楽しんでいただければと思います。

使い方の例としましては「この前そこの川で、こ〜んな"いっきゃ〜"鯉が釣れただよ!」とかね()そうそう1回の事も「いっきゃ〜」と言いますので、イントネーションには要注意。大きいは「いっきゃ〜」、1回は「いっきゃ〜」です。この違い、わっかるかな〜↑?

では又来月お会いしましょう。お楽しみに〜。しぃ〜ゆ〜あげいん♪


小川編集長から一言

「いかい」・・・これも私はあまり使いませんね。あっ!違った違った。「いっきゃあ」・・・いいですね〜よくわからないけど、何となくこれぞ富士弁!って感じがしますよ() そう言えば、私は昔よくすれ違った人に、「でっきゃ〜!」と小声で言われて、聞こえてますけど・・・ちょっと何気に傷ついてますけど・・・って事は何回かありましたね(~_~;)だから私は悲しいかな猫背になってしまったんだ!今思うとなんであんなに体を縮めて小さく見られようとしていたのだろうか?もし昔に戻れたら、「もっと背筋をピンと伸ばして!あごをしっかり引いて!堂々と歩けばいいんだよ♪」と猫背で小さくなってる自分に言ってあげたいです。そうか・・・その時に「いっきゃ〜」と言われたなら、もしかしたら笑い飛ばせたかもwwwww。

 ◆心ほっこりとは→

◆富士弁講座 心ほっこり掲載版はこちら

1ページ (全39ページ中)