スタッフブログ

加藤 千加子 自己紹介へ

【ZEH住宅の魅力】

皆さん こんにちは 管理部 加藤千加子です。

今日は皆さんにZEH住宅の魅力をお伝えしたくてブログを書いています。

最近は、電気料金の値上がり、リモートワークの急増などにより、現在ZEH住宅が注目を集めています。
日々の光熱費を大幅に削減し、0円に近づけるという大変魅力的なのがZEH住宅なんです。

日々の光熱費削減や新時代のエコ住宅を求めている方には、ぜひ新築選びの参考にしてくださいね。

ZEH住宅~3つの特徴~

【断熱】 断熱材などで外皮の断熱性を強化し、冷暖房にできるだけ頼らない住まいを実現。
【省エネ】省エネ性に優れた設備や家電、HEMSを導入し、電気・ガス代を削減。
【創エネ】太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーシステムを導入し、使った電気を自家消費する暮らしにする。

ZEH住宅の認定条件

「断熱」+「省エネ」による省エネルギー率:20%以上
「創エネ」(再生可能エネルギー)を含む省エネ率:100%以上

ZEH住宅3つの特徴を原則全て満たしている必要があり、「創エネ」の基準をクリアするには、太陽光発電など発電装置の設置が必須です。

ZEHの認定条件は他にもあり、中には「創エネ」要素が不要である「ZEH Oriented(ゼッチ オリエンテッド)」「Nearly ZEH」タイプも存在します。

ZEHでも太陽光発電が不要なケースもある

「ZEH Oriented」と「Nearly ZEH」という区分のZEHは、断熱と省エネの条件さえ満たしていれば、太陽光発電などの創エネは不要です。

【ZEH】太陽光発電が必須
【ZEH Oriented】都市部狭小地の二階建以上の建物の場合、太陽光発電の設置が免除されるケースがある
【Nearly ZEH】寒冷地、低日射地域、多雪地域の場合、太陽光発電の設置が免除されるケースがある

太陽光発電を設置する場合、屋根の面積や日射量などで十分な発電量が得られないケースがあり、一部地域ではZEH住宅でも設置が免除されます。

ZEH住宅のメリット

1.毎月売電収入を得られる
  ZEH住宅は断熱性や省エネ家電により、発生する電気代は一般的な住宅よりも少ないため、売電収入も一般住宅より期待できる。

2.補助金がもらえる
  魅力的な補助金ですが、注意点は2つあります。
  ・先着順のため、終了する前に申請する必要がある
  ・補助金を利用するには、ZEHビルダー(ZEHプランナー)の利用が必須

3・ヒートショックを防ぐ
  断熱性が高い建物ですから、外からの冷気を遮断して、ヒートショック対策として有効です。
  ZEH住宅は温度差に敏感な高齢者や、高血圧の方の健康に配慮した住宅なんです。

4.停電時も安心
  太陽光発電は自家発電するため、長期間停電になったとしても電気を供給してくれます。
  いざというときの心強い支えになってくれます。

ZEH住宅で省エネと快適性を実現

一般的な住宅に比べて初期費用は高いですが、それでもZEH住宅は省エネ性能が高いため、
元を取ることは十分に可能です。

断熱性が優れているため夏場は涼しく、エアコンを弱くかけていても快適です。

ZEHのリフォームや新築に太陽光発電をご希望の方は、ぜひ、㈱建築工房わたなべの無料見積りをご活用ください。

◆今週から、当社インスタグラムでZEH特集を掲載しておりますので、こちらもご覧ください。

▶Instagram

◆当社HP《ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)》をわかりやすくご説明していますのでこちらも是非ご覧ください。

▶ZEH

◆当社施工例も見どころ満載です。ぜひこちらもご覧ください

▶フォトギャラリー

管理部 加藤千加子

 

記事一覧

1ページ (全9ページ中)

ページトップへ