■耐震リフォ-ム

巨大地震の発生が高確率で予測されていますが、あなたの住まいは今のままで大丈夫ですか?大切な生命・財産を守るためにも、耐震補強をお薦めします。
耐震診断の資格者が診断を行い補強計画を作成し、それに基いて耐震補強工事を実施します。
耐震補強工事では税制の特例が受けられるだけでなく、市町村から補助金がでます。 

阪神・淡路大地震で亡くなった人のうち、約8割が建物の倒壊などによる圧死でした。倒壊した建物は、昭和56年5月31日以前の旧建築基準で建てられた木造住宅に集中していました。予想される東海地震から大切な命を守るため、建物の耐震補強は不可欠です。

耐震リフォームは次のような手順で行います。

 

●STEP1:耐震診断  
「静岡県耐震診断補強相談士」の資格者が、建物の調査・診断を行います。※建築工房わたなべには「静岡県耐震診断補強相談士」が2名在籍しています。

《主な診断ポイント》
 ・壁の耐震強さ、柱などの接合部、基礎の状態など
 ・壁や筋かいの配置バランス
 ・屋外や外壁、内壁の劣化状態
 

 

●STEP2:補強計画の作成  
工事箇所、工事費を検討して、補強設計を作成します。     

  プロジェクト「TOUKAI(東海・倒壊)-0(ゼロ)」により
  96,000円(費用の2/3)の補助金があります

 ※プロジェクト「TOUKAI(東海・倒壊)-0(ゼロ)」こちら

 

●STEP3:耐震補強工事  

補強設計に基づき、耐震補強工事を実施します。主な工事内容は次のようなものです。

【壁の補強
 ・筋かいによる補強 ・構造用合板による補強
基礎】
 ・基礎の補強、補修
【屋根】
 ・瓦などの重い屋根の場合、軽い屋根材に葺き替えることで建物にかかる水平力を減らすことができます。
【金物】
 ・壁の補強にあわせて金物を設置することで、より効果的な耐震補強となります。
【劣化】
 ・蟻害や腐朽した柱を新しい柱に取り替えるなどして、劣化度の改善を図ります。

プロジェクト「TOUKAI(東海・倒壊)-0(ゼロ)」により400,000円~(市町村により異なります)の補助金があります

  ※プロジェクト「TOUKAI(東海・倒壊)-0(ゼロ)」こちら

 

ページトップへ