石川 定 自己紹介へ

【富士弁講座 -第26回-『うっちゃる』】

2022/08/14(日) 日々のこと

今日は『富士弁講座』の第26回をお送りします。(心ほっこり平成29年8月号より)

富士弁講座 うっちゃる

はろ〜えぶりばでぃ。立秋を過ぎました。立秋は二十四節季の一つですが、これは中国から伝わったものですので、中国ではたぶん立秋を過ぎたら徐々に涼しくなるのかもしれませんが、ここ日本ではちょっと違うような気がします()

さて、今月の富士弁講座は『うっちゃるです。

意味は「捨てる」とか「放り投げる」で、土俵際まで押し込まれた力士が、ギリギリのところで体をひねって、逆に相手のカ士を土俵の外へ出す相撲の決まり手で「うっちゃり」というのがありますが、あの「うっちゃり」も語源は同じらしく元々江戸言葉だったようです。

富士弁では、「この雑誌、うっちゃっちゃってい〜のかい?」(この雑誌、捨ててしまっていい?)なんて使い方をします。又"放っておく"という使い方もあり「ま〜ったく、そんな言う事を聞かにゃあ子は、うっちゃっときゃいいだっ!!」なんて言います。の時に『う』にアクセントを置くと、より放っておく感が高まり効果があり子供はビビるわけですね()

では又来月お会いしましょう。お楽しみに〜。しぃ〜ゆ〜あげいん


小川編集長より一言

ここのところ石川先生は、昼間出掛けて帰ってくると必ず、「暑い!まずい!ミドル脂臭が」と言いながらティッシュで首の後ろを拭いています()先生、大変!大変!男性は頭頂部の汗腺の衰えにより発汗部分が徐々に下がっていくみたいですよ〜(*_*;
でも、人の事は言えない・・・私も最近暑いなあと思うと、おでこの髪の毛の生え際あたりから汗がポタッ~と落ちるようになりました。しかも簡単に。前はもう少しとどまっていた感じがするのですが(汗)やっぱり汗腺の衰え?

 ◆心ほっこりとは→

◆富士弁講座 心ほっこり掲載版はこちら

1ページ (全24ページ中)