■「パッシブデザイン」とは、家づくりの重要なキ-ワ-ドだと聞きました。どういう意味ですか?

【A】

本来「パッシブ」とは、「受け身の状態である」という意味です。

家づくりにおいての「パッシブデザイン」とは、太陽の光や風といった、誰にでも等しく与えられる自然の恵みを家の快適さに活用する手法のことを指しています。

つまり、温かい空気は室内を下から上へ移動する、冷たい空気は室内を上から下へと移動する、太陽光は季節によって角度を変える、などの自然の法則を活用し、極力電力などに頼らず、心地良い家にしようとする考え方です。

例えば、窓を対角線上に設けたり、高低差をつけることで空気を上手に入れ替えたり、庇や軒の長さによって家の中に入る太陽光をコントロールすることが考えられます。

※「パッシブデザイン」の詳しいことはこちら。

よくあるご質問|家づくり相談室Q&A

ページトップへ