■~昔の人は言いました~【ことわざ<建築編>】

ことわざ』は、「言(こと)」+「業(わざ)」という言葉から成り立っているとされています。
つまり、『ことわざ』とは実現した行為に根拠や意味を与えるような言葉ということです。

鋭い風刺や教訓・知識などを含んだ、世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉である「ことわざ」

”心ほっこり”では、~昔の人は言いました~【ことわざ<建築編>】として、建築に関係した諺をご紹介していこうと思います。

先人の知恵は・・・あなどれませんよ~。  

 


 ◆昔の人は言いました「其の一~其の十」
    ・其の一  :【出る杭は打たれる】
  ・其の二  :【壁に耳あり 障子に目あり】
  ・其の三  :【縁の下の力持ち】
  ・其の四  :【子はかずがい】
  ・其の五  :【女房と畳は新しい方がいい】
  ・其の六  :【庇を貸して 母屋を取られる】
  ・其の七  :【井の中の蛙、大海を知らず】
  ・其の八  :【羽目をはずす】
  ・其の九  :【寸を曲げて 尺を伸ぶ】
  ・其の十  :【鬼瓦に化粧】

 ◆昔の人は言いました「其の十一~其の二十」
  ・其の十一 :【石橋を叩いて渡る】
  ・其の十二 :【ろくなもんじゃない】
  ・其の十三 :【うだつが上がらない】
  ・其の十四 :【しのぎをけずる】
  ・其の十五 :【几帳面(きちょうめん)】
  ・其の十六 :【板につく】
  ・其の十七 :【本音と建前】
  ・其の十八 :【さげすむ】
  ・其の十九 :【あてにならない】
  ・其の二十 :【結構】

◆昔の人は言いました「其の二十一~其の三十」
  ・其の二十一:【間尺に合わない】
  ・其の二十二:【沽券にかかわる】
  ・其の二十三:【段取り】
  ・其の二十四:【敷居が高い】
  ・其の二十五:【差し金】
  ・其の二十六:【適材適所】
  ・其の二十七:【筋金入り】
  ・其の二十八:【根回し】
  ・其の二十九:【仕切る】
  ・其の三十 :【釘を刺す】

◆昔の人は言いました「其の三十一~其の四十」  
  ・其の三十一:【屋上屋を架す(おくじょうおくをかす)】
  ・其の三十二:【笑う門には福来る】
  ・其の三十三:【落とし込み】
  ・其の三十四:【叩き上げ】
  ・其の三十五:【洗い出し】
  ・其の三十六:【棚上げ】
  ・其の三十七:【見込み】

 
  
  

私たちのこと|ニュ-スレタ-『心ほっこり』

ページトップへ