■絵画を新しい家に飾るのが楽しみです。照明で気を付けるべきポイントを教えてください。

【A】

絵画を照らす照明でよく使われるのはダウンライトでしょう。

ユニバーサルタイプのダウンライトは照明方向が変えられるので、絵画の高さや位置の変更に対応できます。
光の照射角度は、ふんわりと周りも明るくするなら広いものを、絵だけ照らしたいなら狭いタイプを選びましょう。

ウォールウォッシャータイプのダウンライトは一方向に強く光が出るもので、壁面を照らす時に使われます。
壁全体が明るくなるので大き目の絵を飾るときに有効です。

また、部屋のアクセントにもなるスポットライトもおすすめ。
ライティングレールに取り付ければ、絵の位置や枚数が変わった時に対応可能です。 

 

【ユニバ-サルタイプのダウンライト】

簡単に配光を調整できるLEDユニバーサルダウンライトです。

配光が決まっていなくても設計や発注が可能、現場で簡単に配光調整でき、幅広い用途に柔軟に対応できます。

 

 

 

【ウォールウォッシャタイプのダウンライト】

補助反射板により天井入り隅付近まで照射し、均一で美しい壁面照射が可能。しかも照明器具の存在感を抑えたグレアレス設計。

 

  

 【ピクチャ-レ-ル&スポットライト】 

              

よくあるご質問|家づくり相談室Q&A

ページトップへ