■暮らしやすい家にするための気配りとして、どんなことが考えられるでしょう?

【A】

有名な建築家の言葉に「自然界に直線はない」という言葉があります。
確かに山にも海にも直線はほとんどなく、直線は人がいろいろな物事を効率良くこなすために作りだしたものではないかと思えます。

家づくりにおいても、もともとは丸い木を切ってまっすぐな柱や板にして組み立てていきます。
そんあ少々不自然な環境とも言える中で暮らす私達ですが、テーブルや棚、建具の角が少し丸くなっているだけで、触れた時に温かみを感じられ、ぶつけてしまった時の傷みや怪我の大小が違ってくるでしょう。

ささやかな気配りですが、小さな丸い角はその家の住人に対する愛情表現の一つかもしれません。

よくあるご質問|家づくり相談室Q&A

ページトップへ