■最近の異常気象が気になります。土地選びについてのアドバイスをお願いします。

【A】

一般的な土地でその土地が水害などに対してどのような「リスク」を持つのかは、わかりにくいものです。

そこで活用したいのが各自治体が作成している『ハザードマップ』です。

ハザードマップ』は近年、地震災害への注意喚起として作成される場合が多いですが、同時に水害の情報も掲載しているケースがおおいようです。

最近ではネット上でも公開されているようなので、そうしたものを活用して、購入の是非を決定することも大切です。
同時に、その周辺に昔から住んでいる人々から情報を仕入れることも、周辺環境の良し悪しを把握する重要なポイントでしょう。

 

 

  【自然災害に関する事を書いている記事あります。】

※社長コラム『ひげ日記』:2011年10月 「台風15号と火災保険」

※社長コラム『ひげ日記』:2020年7月  「自然の脅威に備える その①」

 

 

 

よくあるご質問|家づくり相談室Q&A

ページトップへ