■防音室を作りたいのですが、何に気を付けたらよいですか?

【A】

楽器演奏やホームシアターを楽しみたいという目的で、防音室を希望する方は結構いらっしゃいます。

その目的や使用する時間帯により防音の種類が変わってきます。ご近所に迷惑をかけたくないだけなのか、家族にも配慮する必要があるのか、などによって部屋の構成が変わり、予算も大きく変わってくるのです。

気を付けたいポイントは、開口部(外部に面した窓)を小さくすることと、「遮音」と「吸音」のバランスを考えることです。
「遮音」ばかりに気を使いすぎると、音は外には逃げませんが、室内で跳ね返り聞きにくい音になります。

また、「吸音」が強すぎると、音が吸収されてせっかくの音色が聞きにくくなってしまいます。

 

■「防音室」:建築工房わたなべ施工例  

画像

床:床断熱材の上に→「吸音ウール50t」→その上に「合板12t」→その上に「遮音マットS09」→その上に「合板フロアー12t」で仕上げます。

画像

壁:「石膏ボード12.5t」を貼り→「吸音ウール50t」を貼り→「石膏ボード12.5t」を貼り→「遮音パネル」を貼り→「オトカベS-3」を貼り→ 布クロスで仕上げます。

  

画像

開口部:高性能ハイブリッド窓+防音・断熱内窓(インプラス)

画像

防音室完成写真です。

 
 

よくあるご質問|家づくり相談室Q&A

ページトップへ