建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
お問合せ・資料請求
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ >  2019.10.19~20 富士宮市源道寺町 S様邸 完成特別内覧会


   長寿命型(三世代同居対応)
完成特別内覧会

■開催日 :10月19日(土)・20日(日) 
         AM 10:00~PM 4:30
 
■場 所富士宮市源道寺町    
                          ※受け付けは終了いたしました。

 

こんな方に見ていただきたい・・・

★ 地震に強い家を建てて安心して暮らしたい方

★ 冬暖かくて夏涼しい家で快適に過ごしたい方

★ 将来を見据え、三世代同居型を検討してる方

【ご予約ご来場特典】
ご予約いただき、ご来場のうえ、アンケートにお答えいただいたお客様 1組様につき1回限り、ご見学後にQUOカード1,000円分を進呈いたします。



■ 耐震等級3(最高等級)
■ 断熱等級4(最高等級)
■ 省令準耐火構造 
■ 地域材活用(富士ひのき)
【 弊社の建物は耐震等級3が標準! 】
耐震等級とは、国が定める住宅性能表示制度により、建築物がどの程度の地震に耐えられるかを示す等級。耐震等級は、建築基準法(2000年基準)の耐震基準相当で「等級1」、その1.25倍なら「等級2」、1.5倍なら「等級3」の3つの性能レベルが設定されている。
 建築基準法レベルの等級1では、極めて希に発生する大規模の地震動に対して、倒壊・崩壊はしないことを求めるものの、損傷する可能性はあるため、被害をより軽微とするためには、熊本地震の被害状況を踏まえ、耐震等級3とすることが有効と考えられます。
 
  



【見どころ】
 2階リビング勾配天井、勉強に集中スタディルーム、
玄関すっきりシューズクローク、ガス衣類乾燥機など
今の住みやすさを重視しながら、将来を見据えた
パッシブデザイン設計の建物です。 

慌ただしい朝に2人同時に利用可能な洗面化粧台


 

  
 現場施工状況写真はこちらから。工程の様子をご覧いただけます。




   住まいづくりにおいてはカタログや写真見ると夢はふくらみますが、 より良い住まいづくりのためには、 実物を見て実際の空間を体感することが大切です。
売り込みを心配する必要はありません。家づくりの参考にして下さい。
 ZEHとはどんな建物なのか?地震に強い家の基準は何で決まるの?気密・断熱性が高い省エネ住宅をつくる施工方法は?火災保険料が半額になる省令準耐火構造とは?など家づくりで重要な様々な疑問にお答えします。

今回の内覧会は、完全予約制となっております。




㈱建築工房わたなべ 本社
Tel (0545)51-2612 ・FAX (0545)51-2632  mail


TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved