4.維持管理対策性能

長期優良住宅の基準:等級3(最高等級3)

メンテナンス上重要になる、配管の仕様に関する措置について定められた内容です。配管の継ぎ手を少なくする「ヘッダー工法」、交換が容易な「さや管工法」、配管を基礎の下に埋めない措置などを行います。私たちはこれに加えて定期点検の実施を行い、提供した建物の維持管理に努めています。

 

●5.「長期優良住宅のメリット」について

わたなべの家づくり|長期優良住宅

ページトップへ