建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > ひげ日記 > ひげ日記2017年7月「断熱改修で健康リスクが低減」



断熱改修で健康リスクが低減
ほっとしました。
超電導リニア体験試乗
蛍光灯からLEDへの取替えで火災発生!!
2017年度住宅関連補助事業
医師と考える健康な家づくり
丁酉(ひのと・とり)

『ひげ日記』2016年
『ひげ日記』2015年
『ひげ日記』2014年
『ひげ日記』2013年
『ひげ日記』2012年
『ひげ日記』2011年
『ひげ日記』2010年
『ひげ日記』2009年
『ひげ日記』2008年
『ひげ日記』2007年

『心ほっこり』創刊にあたって


スタッフ紹介
「心ほっこり」より ひげ日記
社長Facebook
スタッフ紹介
スタッフブログ
業者紹介


㈱建築工房わたなべ モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

メディア情報履歴

 建築工房わたなべがとりあげられた情報を紹介しています。

長期優良住宅

SE構法

お得な補助金情報



ALL About プロファイル 【㈱建築工房わたなべ 代表取締役 渡辺泰敏】


断熱改修で健康リスクが低減2017年7月号より


 みなさまこんにちは、渡邉です。今回のひげ日記は、断熱と健康リスクに関するわかりやすい記事がありましたので皆様にご紹介させていただきたいと思います。 断熱リフォームによる省エネ以外の効果として注目されているのが居住者の健康状態にもたらす影響です。(一社)日本サスティナブル建築協会は「住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査」の中間報告を行いました。断熱リフォームを予定する全国約1,800軒の住宅とその居住者約3,600人を対象に、改修前後における居住者の血圧や生活習慣、身体活動量といった健康への影響について調査検証を進めています。

■起床時の室温が低いほど血圧も高くなる
 これまでに得られたデータに基づき検証を行ったところ、住宅の室内環境と血圧などの健康関連事象との関連が確認されました。具体的には、冬季の室温が10℃低い朝には平均で7.3mmHg血圧が高くなりました。冬季に起床時の室温が低いほど、居住者の血圧が高くなる傾向が見られたのです。


 室温が10℃低下した際の血圧上昇量を見ると、50代までは6mmHgですが、60代では約9mmHg、70代では10mmHgを超え、80代では12mmHg以上も上昇しています。高齢者ほど室温の低下による血圧の上昇が大きいことが分かりました。また、動脈硬化が進んでいる人ほど室温の影響が大きい傾向も見られました。
 特に高齢者の場合、室温が低くならないように注意する必要があります。自治医科大学 苅尾七臣主任教授によると、冬季の早朝高血圧が高齢者の循環器疾患を招きやすいそうです。血圧・血流の変動や血管が痙攣する血管スパズム、喫煙といった慢性リスク因子に、急激な運動や精神的ストレス、寒冷といった急激リスク要因が加わると循環器疾患を発症します。早朝も急性リスク因子のひとつで、特に寒い冬の朝に発症リスクが高まるといいます。脳卒中や心臓突然死、急性心筋梗塞といった循環器疾患の発症時間は統計的にも朝が多いのです。

■断熱リフォームにより室温が上昇 居住者の血圧も低下する傾向に
 断熱リフォーム後には室温が平均2.7℃上昇しました。中には10℃以上上昇した住宅もありました。これに伴い居住者の血圧も平均で1.0mmHg低下しました。断熱リフォーム後の室温の上昇値が大きいほど、血圧の低下量も大きくなりました。


■居間・脱衣室の室温が低いと事故リスクが高い熱め入浴が増加
 調査では入浴事故と室温の関連についても調べています。調査で得られた2,759人の有効サンプルを用い分析した結果、居間または脱衣所の平均室温が18℃未満の住宅では、42℃以上の熱めの入浴や、15分以上の長めの入浴をする人が多いことが分かりました。消費者庁では安全な入浴方法の目安として「湯温41℃以下で10分未満に浴槽から上がる」ことを推奨しています。

■断熱リフォームが血圧以外の症状改善にも効果
 アンケート調査などから、断熱リフォームによって血圧以外にもさまざまな症状の改善効果が見られたことが判明しています。「身体がだるい」や「頭痛」「鼻がつまる・鼻汁が出る」「風邪をひく」といったさまざま症状がリフォーム後に改善されたことが分かりました。

■無断熱住宅を省エネ基準水準にするだけで1.5mmHgの血圧低下に
 無断熱住宅の断熱性能を現行の省エネ基準レベルにまで向上させることで、室温を4℃高めることができるとしています。室温が4℃上昇すれば1.5mmHgの血圧低下が期待できます。断熱リフォームが血圧の低下をはじめ居住者の健康に寄与することが明らかになってきました。 ここまでの内容はLIXILメンバーズ通信2017年7月号「断熱改修で健康リスクが低減 注目される健康・省エネリフォーム」からの抜粋です。

■その他
 住まいの高断熱化は光熱費削減だけでなく、居住者の健康にも良いであろうと考えられていましたが、最近はさまざまな調査結果でも明らかになってきました。住宅の新築をお考えの方はもちろん、リフォームをお考えの方も家全体でなくても断熱改修は可能です。LDKや寝室、洗面脱衣、浴室などのゾーンを中心に断熱改修を考えてみてはいかがでしょか。
ちなみに、本年2月で「医師と考える健康な家づくり」というタイトルでひげ日記を書いています。よろしければそちらもご覧ください。

それではまた来月お会いしましょう。

㈱建築工房わたなべ 代表取締役 渡邉泰敏

 すまいと生活の情報新聞(月刊) 『心ほっこり』 は、建築の豆知識や季節の話、料理のレシピなど気軽に読める内容になっています。皆様のご意見も参考に住宅に関する疑問や質問も大募集したいと思っております。
資料請求ページにて申し込んでいただければお届けいたしますので、お気軽にお申し込みください。


TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved