建築工房わたなべHP TOPページへ


  楽しくて、自由で、かしこい家づくり
+ ご案内地図
+ リンク集


トップページ

  トップページ > お得な補助金

「心ほっこり掲載」
ひげ日記
 3省連携ZEH支援制度
 (平成30年4月号)


スタッフ紹介
「心ほっこり」より ひげ日記
社長Facebook
スタッフ紹介
スタッフブログ
業者紹介


㈱建築工房わたなべ モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

メディア情報履歴
建築工房わたなべがとりあげられた情報を紹介しています。

長期優良住宅

SE構法

施工例



「Forward to 1985 energy life」運動


富士市中之郷 O様邸↓


富士市岩本 Y様邸↓


富士市比奈 N様邸↓


富士宮市小泉 K様邸↓
(2018.04.26更新)
 ZEH支援事業(環境省)



ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等による住宅における低炭素化促進事業のうちZEH支援事業。
◆補助額  70万円/戸
        蓄電池は上限30万円(3万円/kwh)、
◆採択方式  先着方式
 ★環境省ZEH
「平成30年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化による住宅に おける低炭素化促進事業」
         
   ※現時点での予定であり、今後変更になる可能性があります。

 ZEH+実証事業(経済産業省)

        

住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業のうちZEH+実証事業。
◆補助額  115万円/戸
          蓄電池は上限45万円(3万円/kwh)、
◆採択方式  事前割当枠公募方式
◆選択要件 以下のうち2つ以上を導入すること
  1.外皮性能の更なる強化
   (UA値が0.30~0.50以下であること(地域区分により異なる)
  2.高度エネルギーマネジメント
   (HEMSにより、住宅設備の制御が可能であること)
  3.電気自動車への充電(電気自動車の有無は問わない)
 ★経済産業省ZEH
 「平成30年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」
 
    ※現時点での予定であり、今後変更になる可能性があります。       

 先進的再エネ熱等導入支援事業(環境省/経済産業省)

        

◆補助額  90万円/戸
◆採択方式 先着方式
  「平成30年度ZEH支援事業」「平成30年度ZEH+実証事業」
  いずれかの交付決定を受けた補助対象住宅
◆選択要件 補助対象住宅に、いずれかの建材・設備を導入すること
1.直交集成板(CLT)
2.先進的再生可能エネルギー熱利用設備

    ※現時点での予定であり、今後変更になる可能性があります。

 地域型住宅グリーン化事業 ~高度省エネ型~
       (国土交通省)

        


中小企業が連携して建築するZEH。
◆補助額  140万円/戸
         施工経験4戸以上の工務店などは125万円      
◆選択要件 木造住宅に限る
グループ応募による採択の為、別途各グループ提案ルールを守る必要有り。

     ※現時点での予定であり、今後変更になる可能性があります。

 サスティナブル建築物等先導事業(国土交通省)

        

◆対象住宅   LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅
LCCM住宅とは建設時、運用時、廃棄時における省CO2の取り組みや再生可能エネルギー(太陽光発電など)の創出により、ライフサイクルを通じてCO2の収支をマイナスにする住宅のこと。建築~使用期間~解体時のCO2排出量を計算してマイナスにするという事です。
◆補助限度額  上限125万円
◆採択方式   事前割当枠公募方式  
◆選択要件  ・CASBEE B+ランク以上または長期優良住宅認定
 ・LCCO2評価結果が0以下のもの

   ※現時点での予定であり、今後変更になる可能性があります。

しずおか木の家促進事業(静岡県 )



   県産材50%以上1,100棟程度募集(先着順)・・・6万~30万円 
  
  例:建物30坪~40坪の場合・・・13万円
        静岡県HP 「平成30年度「住んでよし しずおか木の家推進事業」のご案内」
         

富士市限定の補助金



 富士ヒノキ地域材助成・・・1棟あたり30万円
 木材総使用量の34%以上が富士地域材、富士市内に富士市の工務店が建設することなどが条件
        ※富士市「富士地域材使用住宅取得費補助金」のご案内はこちらから
          ※平成30年度については、後日お知らせいたします。

 市民温暖化対策事業費補助金
    対象:市内に居住する予定の住宅としてゼロエネルギー住宅を新築、または改修する方
        *・市税を完納していること。
         ・クールチョイスに賛同し、クールチョイス22に取組むこと。
    
   【ゼロエネルギー住宅】
     年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロ以下の住宅で、次のいずれかに該当するもの。
      1.BELSにおいて「ゼロエネ相当」と評価された住宅
      2.「富士市版ゼロエネルギー住宅」と認定された住宅

   【省エネルギー住宅への改修】
     築年数十年以上の住宅について、年間の一次エネルギー消費量が正味で概ねゼロ以下の
     住宅で、BELSにおいて「ゼロエネ相当」と評価された住宅に改修する方対象。

   【ゼロエネルギー・省エネルギー設備の導入】
     築年数十年以上の住宅について、新エネルギーの導入及び総額50万円以上の省エネ改修
     を実施した方対象。

    補助金額:
       ・市内事業者が新築した住宅  30万円
       ・上記以外の新築住宅  20万円
       ・省エネルギー住宅への改修 20万円
       ・ゼロエネルギー・省エネルギー設備の導入 10万円

    ●注意事項:国、県等の同趣旨の補助金と併用はできません。

        ※富士市 「平成30年度富士市市民温暖化対策事業費補助金」 



 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)



一定の省エネ効果(15%以上)が見込まれる、高性能建材を用いた住宅の断熱リフォーム。
◆対象製品  断熱材・ガラス・窓・家庭用蓄電池・家庭用蓄熱設備
◆補助限度額  上限120万円
◆補助率  高性能建材:補助対象費用の1/3以内
         ・家庭用蓄電池
           設備費 : 3万円/kwhまたは補助対象費用の1/3いずれか低い方
           工事費 : 1/3以内または5万円/台 いずれか低い方
         ・家庭用蓄熱設備
           材料費・工事費併せて1/3以内または5万円/台 いずれか低い方

      ※「平成30年度高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)」
                          パンフレット(pdf) 

 


 ★補助金には併用できないものもございます。
 詳しいことをお知りになりたい方は、詳しくご説明いたします。
お問合せ資料請求
 また、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。


TOP一つ前へ戻るトップメニューへ

お問合せ、ご意見、ご感想、ご質問がございましたらメールをお寄せください。    master@kentiku-koubou.co.jp

心がほっこりする やさしい家を建て、長いお付き合いをさせていただくことがわが社のモットーです  株式会社 建築工房わたなべ

Copyright © 2001Architect Atelier WATANABE Co.,Ltd.All Rights Reserved